先月受けた人間ドック。

今回受けた病院では、

申し込めば、結果について詳しく説明してくれるとのこと。

予約制、無料。一人15分間。

今まで20回以上、ドックを受けている。

その時の仕事場の都合や病院との相性で、今数えたら、4つの病院で受けていた。

でも、後日詳しく説明してくれたところはなかった。

今回受けた病院は、去年の春から胃を診ていただいている病院。

 

先日送られてきた結果の用紙を持って、聞きに行った。

 

結果の数値のLやHが、気になっていた。

神妙な気もちで、順番を待つ。

こういう待ち時間は、嫌なものである。

 

優しそうな女性のお医者さんだった。

 

「うん、この結果から見ると、なんにも心配いりません。

 ほぼ、健康体。

 血圧のことも医療機関に行っていることだし。

 また、来年受けてくれれば、大丈夫」

 

???。だって、数値の横にLとかHとか書いてあるし。

今まで、そんなのなかったし。

心配で心配で、来たのに、お言葉はそれだけ?

 

思ったことは、口にしてしまう私。

 

「じゃあ、このLやHは、何のために書いてあるのでしょうか」

 

「大丈夫、これ、誤差の範囲。気にすることないよ。

 ドックはね、基準値が厳しいの。

 普通なら、気にしない数値だから、気にしなくて平気。

 安心して大丈夫」

 

先日見たテレビドラマでは、医者は安易に大丈夫って言っちゃだめ、

って演ってたけど、この先生は、大丈夫の連発。

 

それこそ、先生そんなふうにおっしゃっちゃって大丈夫か?

とも思ってしまったが、

ものすごく安心したのも事実。

お医者さんの言葉の威力って、すごいね。

 

めまいや動悸・息切れも、たまあにあるのに、

私は健康なのか?

 

疑問は残ったが、

まあ、いいか。

ドックで見つかるべき不具合は、なかったということで。

 

 

うれしくなったので、

記念にお買い物に行った。

 

そうだ、前から欲しかった靴下を買おう!

 

はじめて見た時、欲しいなと思った。

でも、高かったので、買わなかった。

普段用は、3足1000円の靴下が主流の私の靴下たち。

でも、この靴下は、2000円を超えている。

もう一度行ったときも、どうしよう年金暮らしには高い靴下だ。

触っただけで、帰って来た。

何かのイベントだったらしく、

お土産にクッキーをくださったのだけど、何も買わずに帰って来た。

 

今回は、3度目の正直。

健康記念に靴下を買うぞ、と決めて行ったのでもう迷わない。

お店に入って、手に取って、

「これ、ください」

決めるのが早すぎて、お店の方がびっくりしていた。

 

うれしいな、やっと買えたよ、欲しかった靴下。

KURI BOTELLAの靴下。

私は知らないブランドだけどね。

お値段は、しっかりしているよ。

税込み、2592円。

 

さあ、これをはいて、どこに行こうかな。

いっぱい運動しなさいね、って言われたから、

ご近所散歩にはこうかな。

いや、今度のランチにはいて行こうかな。

 

靴下で、うきうきした日でした。

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング